ホームページ損失度チェック

  • ホームページの損失状態の診断チェックツールです
  • 対象のWebサイトやLPページの現状をもとに設問に回答していくだけで、ホームページの損失状態を診断できます。

© 無料診断チェックツール3 D.N

設問1

  • アクセス数は多いが問い合わせや予約が少ない気がする。

設問2

  • たいした更新もないのに毎月1万円以上管理費が発生する。

設問3

  • ホームページを制作した代理店または制作会社の社員数は30人以上である。

診断結果

  • ホームページの損失は今後も拡大する可能性があります。
  • いまのホームページまたは運用方法になんらかのボトルネックが潜んでいる可能性が高いようです。
    ホームページから集患を含め損失が発生している可能性があります。
    医院の経営判断上、早期に見直しをすることで、Webサイト損失を改善することが見込めます。

    ▼コンバージョンを理解してWebサイトの成果を確認してみよう!
    https://www.sakura.ne.jp/column/rs/conversion/

    ▼ホームページやレンタルサーバーの維持費とは
    https://www.sakura.ne.jp/column/rs/running

    ▼ ODMとは?OEMとの違いやメリット・デメリット
    https://www.pasonatech.co.jp/workstyle/column/detail.html?p=2278
    (委託企業従業員数が制作費用や管理費用に比例しやすいので要注意)

© 無料診断チェックツール3 D.N

ご利用につきましては、当社利用規約に同意いただいた上で医療関係の事業者がご利用いただけます。
当サービスの情報の妥当性や確実性を一切保証するものでなく、機能や利用条件等が訂正や修正、変更されている場合があります。 よって、当社サービスの利用により生じたいかなる損害等についても運営側にて一切の責任を負いません。
[利用規約] https://wiing-wsc.com/terms/